保護者の相談

Uncategorized

中高一貫校 高校 外部受験 プレジデントファミリー掲載

一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 代表理事の杉浦です。
中高一貫校 高校 外部受験することになる3つの原因
「勉強についていけない」
「校則が厳しい」
「人間関係が構築できない」という理由で外部受験する方が多いのです。ところで、お子さん、不登校ですか?
不登校から外部受験にするにはそれなりの対策が必要です。
お気軽にご相談下さい

出席を稼ぐ
学力を上げて、他の私立校に行く
レベルを下げて、都立校に
引きこもり傾向の場合

プレジデントファミリー掲載 中高一貫校 退学 外部受験対策 杉浦孝宣

出席を稼げ

勉強についていけなくても、在籍校に通えていれば、問題無く、高校 外部受験は可能です。在籍校でも頑張って、出席してくれたが、結果が出なかった。残念だけどと言って、
外部受験を勧めてくれる、担任の先生もいらっしゃいます。
仮に不登校状態だと、教育支援センター(適応指導教室)=公的フリースクールもしくは私立のフリースクールに通って、出席を稼いで下さい。 不登校でも環境が変われば、出席できるということで、外部受験をするのに有利に働きます

校則が厳しい=学校があわない

中高一貫校は6年間ですから、校則が厳しい=学校が合わないは致命的です。最低限、出席を維持して、できるだけ、学力を上げ、高校受験で在籍校より上の学校を目指せば、モチベーション上がりますよね。

人間関係が構築できない

相談者の中にはうちの子、発達障害?っていう方も少なくありません。心配性の方は医療機関に行かれる方もいますが、当会は 発達障害=パーソナリティと捉えていますので、精神科医が発達障害と診断して、薬を処方している事に疑問を感じています。 薬で性格は直らないですから。
面談してみないと何とも言えませんが、人間関係が構築できないのが、今の学校の環境があっていなければ、外部受験で問題は解消しますが、
ご本人の問題であれば、外部受験したとしてもまた、人間関係が構築できないということになり、全日制高校は卒業できないでしょう。

面談次第で、通信制高校も含めて、選択肢を提示させて頂きます。

不登校期間が6ヶ月以上は引きこもり

引きこもっていれば、外部受験どころではありません。 引きこもりから外に出し、社会性を身につける必要があります。
当会の3つの条件が揃えば、20歳くらいまでの若年者10,000人以上の方の9割は立ち直っています。

① 両親、ご家族面談 ご両親が本人にどのように向き合っているのか、家庭環境、教育目標、小さい頃の本人の夢は何か?等を詳細に聞きます
② ①で両親のしつけ、教育方針などが違う場合は本人に対して、方針を一致してもらいます
③ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる この3つのステップで不登校・高校中退・引きこもりは克服できます! この順番で愚直に30年以上やって、
9割は外に出るようになってます。 ※非暴力で

YOUTUBE で解説

-Uncategorized

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5