保護者の相談

Uncategorized

中高一貫校からチャレンジスクールは止めろ

不登校・高校中退・引きこもり中学生・高校生でお悩みの方
36年の指導経験、1万人以上を立ち直らせてきた3つのステップ
一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 代表の杉浦です。 いつから働くのでしょうか?
横浜市議会での講演動画 約40分はこちら

36年の指導経験の末に生まれた成功率9割のアウトリーチ支援で学校に行けなくなった子どもたちを救う
不登校・ひきこもり急増〜コロナショックの支援の現場から  巻末に 高卒支援会共著
9割の不登校引きこもり解決復帰例を巻末に載せてあります。医歯薬学部合格はじめ、国公立、早慶にも進学して頂きました。

不登校ひきこもりの9割は治せる〜1万人を立ち直らせてきた3つのステップ
光文社 著者 杉浦孝宣です。 ”子どもたちが規則正しい生活をし、自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します!”という理念で不登校・高校中退を克服して、引きこもり9060問題の予防を目指しますhttps://news.yahoo.co.jp/articles/d4b3e09636d333464aee7196f0c0c407565264f4

当会に相談される時は下記、2冊をお読み頂き 不登校引きこもり解決 杉浦孝宣 無料判定 AI http://hikikomori-wakamono.comをして頂き、相談申込みお願いします


引きこもり中高生から復帰できる確率は9割以上となります
     不登校・ひきこもり急増

世帯年収が高いと 引きこもれる?!

当会に相談に来る方の世帯年収は1000万以上の方が多い。 私の持論ですが、引きこもりって、保護者が経済的に余裕がないと引きこもれないのです。前著 不登校ひきこもりの9割は治せる でも書きましたが、 

毎月、30万円 池袋のアニメートでフィギュアなどを買っている家がありました。 

「うちの子の引きこもりどうやったら直るでしょう?」

さんざん、当たり前の事を言いましたが、ご両親は態度を改めず、連絡が途絶えました。 無制限にお小遣いをやっていて、歯止めが効かなくなったのです。

お小遣いをやらなければ、家中の家具が壊れるそうです。 

あの、元農水事務次官が自身の引きこもり、息子を殺した事件も 駒場東邦の中学2年から不登校。 それ以来、毎月 30万以上のなお小遣いをあげて、ゲーム漬けとなっていったとメディアが報じていました。

私が引きこもれるご家庭は世帯年収が高いっていうの、わかるでしょ? 9060問題はこうした生活が保護者が90歳代まで続いて、

共倒れとなるケース。

無理心中。

生活保護受給者増加などが問題となっています。

保護者自身も 90歳になってまで、まさか、子どもの面倒を見るとは夢にも思わないでしょう。 

引きこもり生活は一度、はまると飽きないでそのままになってしまうのです。 10年引きこもって、

経験則では 20歳代までに 同じ屋根の下で生活している、ご両親はじめ、ご家族が一致団結していけば、ご本人は立ち直れます!

9割は成功しています。 では、残りは ご両親が諦めてしまい、連絡が途絶えるのです。 責任逃れをするつもりはありませんが、どこまでいっても

引きこもりはご家庭の問題ですから。

中高一貫校からチャレンジスクールは止めろ

ステージ判定1〜2 中高一貫校在籍で不登校。 この時期、上の学校に上がれないと、バタバタと 外部受験。都立校をとお考えになる方は少なくありません。
チャレンジスクールは選抜試験で筆記試験がなく、作文と面接だけなので、不登校、高校中退の子が志願しやすいのです。

うちの子も不登校だから、チャレンジスクールと思う方も少なくありませんが、

一般的に、中高一貫校に合格するだけでも都立入試並み以上の学力を有しています。 英語を除く。

チャレンジスクールは 学力的には最底辺なのです。 授業も中学校では学んで来なかっただろうという前提で運営していますので、

学力は全く、合いません。 中高一貫校の不登校原因は成績不振がほとんどなので、学力に自信がつけば、学校には通える子が多いのです。

これは不登校の期間にもよります。 どれだけ、規則正しい生活をしているかによりますが。

では、中高一貫校で不登校に陥った場合、どこに行ったらよいのでしょうか?

実力にあった、全日制高校。 私立校も含む。 高校生活をエンジョイできます。

通信制高校サポート校。 予備校が運営しているサポート校では大学受験の準備をしています。 これは中高一貫校での勉強に対する挫折感を払拭できるでしょう。

中学受験をした子であれば、高卒認定は 1〜2回の受検で全て、合格しております。高卒認定試験以外を予備校をはじめ、他の習い事等を集中してやれます。

コロナが収まれば、海外留学も宜しいかと思います。 海外で嬉しい誤算で羽ばたいている子もいます。

話が長くなりましたが、 中高一貫校からチャレンジスクールは止めた方がいいと思います。 もちろん、個人差がありますから、

心配な方は面談をお申し込みください

-Uncategorized

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5