保護者の相談

Uncategorized

フリースクールは不登校・高校中退・引きこもりの事実上受け皿

引きこもり中学・高校生でお悩みの方
一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 理事長の杉浦孝宣です。
当会は長期不登校、高校中退などを経て、引きこもり中学・高校生でお悩みの保護者様に向けて、相談支援を通じて、
8050引きこもり問題の解決を目指しています。 

フリースクール

フリースクールって、以下、抜粋
”日本では、デモクラティック・スクールをはじめ、シュタイナー学校、デンマークの生涯学習の基盤となっているフォルケホイスコーレなど、ヨーロッパ新教育運動の流れを受け継ぐ学校が一部にあるが、専ら、不登校児の受け皿として、その学習権の保障や安心してすごせる居場所を提供する施設、さらに、通信制高校での学習をサポートするサポート校など、不登校の子供を対象とした、既存の学校とは異なる機関や施設が、フリースクールと総称されている。
こうしたフリースクールの規模や活動内容はきわめて多様であって、マンションや事務所ビルの一室を借り、スタッフや子供を合わせても10人に満たないようなものから、在籍数が100人を超える大規模なものまであり、教育レベルに大きく差があるのが現状である〜”

不登校児の受け皿として、その学習権の保障や安心してすごせる居場所とあります。 公的な機関では教育支援センター(適応指導教室)は全国で約 1500カ所あります。民間では私塾、予備校、通信制高校サポート校なども含まれるでしょう。

教育支援センターは元々、学校には行けないけど、保健室等の別室だったら、出席できるという事から発展しました。平成2〜3年頃から 文科省も登校拒否という威圧的な言葉を改めて、不登校という言葉に改めました。

出席をとるという発想で生まれた、公的なフリースクールですから、別室登校でもダメな子は放置となります。 つまり、家庭から出てこない、引きこもり小学・中学生は対応されていないケースがほとんどです。 地域差があるでしょうけど、70%の不登校児は公的なフリースクール、教育支援センターに足が向かない、利用していないのが現状だと、推測します。

不登校児とひとくくりで表現していますが、今や、家に籠もって、外に出られない、引きこもり傾向の子の割合が多いのです。 

せっかく、公的な機関が居場所を用意しても、機能していないと言わざるを負えません。

では、民間のフリースクールはどうでしょうか?

フリースクール最王手の○○は 不登校を見守るという、考えで運営されていますから、来る来ないは問わないのでしょう。
「様子を見ましょう」です。多くのカウンセラーがこのフリースクールの影響を受けているので、様子を見ましょうは常套句なのです。

コロナ禍のフリースクール、教育支援センターに求められているのは中学・高校を卒業するまでに引きこもりから脱け、社会に貢献するう人材を養成する事ではないでしょうか?

 皆さんはどのようにお考えですか?

私はフリースクールは事実上の不登校・高校中退・引きこもりの受け皿ですから、時代に合った対応をしてもらいたいですね。

-Uncategorized

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5