保護者の相談

Uncategorized

様子をみましょう! 王様は裸? 03-4400-1337

不登校・引きこもり中学・高校生・中退相談 指導歴36年! 

教育支援センター 全国利用率12% 90%近くが不登校・引きこもり相談支援でスッキリできない!
カウンセラーからは様子を見ましょうと、疑念に思っている方へ

不登校、高校中退の訪問・相談を通じて、引きこもり予防に努めています 引きこもり中学・高校生 アウトリーチ 成功率は90% 10,000人以上!
一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 代表理事の杉浦です。
”子どもたちが規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”というミッションをもとに 不登校・高校中退を解決し、
8050引きこもり問題を予防します

NHK あさイチ もしかしてやりすぎ 出演 2019年12月


朝日新聞 GAME クロス 記事掲載 

お子さん、ステージ? 大丈夫ですか? 赤字から第3者の介入が必要

ステージ1 不登校状態 親子間のコミュニケーションはとれている。生活リズムもなんとか維持。食事、3食
ステージ2 不登校状態 親子間のコミュニケーションはなんとか、とれている。生活リズム不規則。食事、3食、怪しい?
ステージ3 不登校状態 親子間のコミュニケーション、とれない。特に進路。生活リズム不規則。食事、3食、怪しい?
ステージ4 ステージ3が1ヶ月以上続き、自室に閉じこもっている。親子間のコミュニケーション、全く、とれない
      子どもの引きこもり状態を親は普通の社会生活に戻そうとしているが、両親の考えが揃っていない。もしくは疲弊している
ステージ5 子が既に20歳を過ぎ、親も子も引きこもり生活が年単位で常態化している 普通の社会生活に戻すのは極めて、困難


5/10日 読売新聞 東京都内版 25面 コロナに挑む 積極的な訪問支援の記事掲載

チーム3000 引きこもり中学生救済運動、展開中
東京都では不登校・引きこもり傾向のまま、公立中学校の卒業式に3000名、欠席のまま卒業している。これこそ、8050引きこもりの入り口です。
皆さんで一緒に解決していきましょう

カウンセラーは様子を見ましょう

子どもの不登校に悩み、理事長の書籍を拝読しました。カウンセラーにかっていて、今はとにかく共感し、命令や提案をしないようにと言われており、気を付けて過ごしてきました。ただ、いつまで続けたら良くなるのか不安が大きいです〜のような、メール相談、全国から寄せられています。
ところで、皆さんは「王様は裸だ!」っていう、おとぎ話、ご存じですよね。 素晴らしい服装だと、騙されている王様が裸のまま、出歩く話。

これと似ているのが、上記のような話。

不登校で悩んでいる、親はカウンセラーの元に行き、解決策を請いますが、

全国どこでも、「様子をみましょう!」 とか 「本人のさせたいようにさせましょう。子どもの権利というのがありますから」等と指導を受けるのです。

指導? 中身、本当にありますか? 全国的に、カウンセラーさんは 異口同音、同じ事しか言ってないとすれば、、

不登校・引きこもりの対策、本当は何もわかってないのでは?! と思うのは私だけでしょうか!
不登校指導は無策であれば、不登校・引きこもりのノウハウの蓄積はありません。 黙ってみているだけで、何もしないという事を勧めているわけですから、

まさに、王様は裸じゃないでしょうか?

子どもの権利? その前に義務教育だろ

日本国憲法

第二十六条 2項
すべて日本国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

子どもには義務教育を受けせる義務があるのです。 保護者は 

不登校の専門家の中には 子どもが”不登校である、権利を守れ” ”学校に行かなくていい”等と 憲法26条2項に反する意見を言う人がいます。

自分の娘や息子が不登校に陥り、復学を望まない親は少なくとも、このブログを読んでいる人はいないだろう。

子どもの体力、知力、精神力が伸び盛りの義務教育を経験の少ない、専門家に お子さん、翻弄されているのではないでしょうか?

最終的にお子さんが社会に出られなかったら、誰のせいでもありません。保護者の責任ですよね

くどいようですが、王様は裸?

10%失敗例

私の支援方法は完璧ではありません。 他の専門家は「学校に行かなくても放っておきなさい」等とワンフレーズで片付ける方がいますが、

厚労省によれば、15歳から64歳までの 引きこもりは100万人超居るのです。不登校・高校中退、大学入試失敗、就活の不調等が原因のようです。

100万人いたら、100万通りのやり方があり、単純な話ではないのです。

当会は

”子ども達が規則正しい生活をし、自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します” というミッションのもと、
①規則正しい生活>②自信をつけ,自律する>③社会に貢献できる
キチンと順番通りしていただくように ファミリーカウンセリングさせて頂いております。

私の失敗例でいうと、このミッションを親御さんに理解して貰えなかったのです。

私共よりも 精神科医を選択する方には 最悪の結果となる場合も少なくありません。

リストカットなどの自傷行為をしたため、精神科を受診、入院。 入院中に看護士を殺害。 少年刑務所に入る

小学校低学年より、不登校。父子家庭。 父親を殺害。留置場で生徒も死亡。

等々。36年間、全て、成功しているわけではありません。 こうした、最悪の失敗例から、振り返り、今の支援、ノウハウの蓄積をして、
相談支援をしています。

直近の 引きこもり中高生からの成功率は

2017年 8件の支援 6件の成功 成功率 68%
2018年 9件の支援 8件の成功 成功率 89%
2019年 14件の支援  13件の成功 成功率  92%
2020年 5件の支援    5件の成功  成功率 100%
2021年 4件の支援  2件の成功 うち2件は支援継続中

-Uncategorized
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5