保護者の相談

Uncategorized

横浜市教育委員会から修正すると

不登校・高校中退・引きこもり中学生・高校生でお悩みの方
36年の指導経験、1万人以上を立ち直らせてきた3つのステップ 横浜市教育委員会から回答がありました
一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 代表の杉浦です。 ネット通信制高校からの相談
横浜市議会での講演動画 約40分はこちら

36年の指導経験の末に生まれた成功率9割のアウトリーチ支援で学校に行けなくなった子どもたちを救う
不登校・ひきこもり急増〜コロナショックの支援の現場から  巻末に 高卒支援会共著
9割の不登校引きこもり解決復帰例を巻末に載せてあります。医歯薬学部合格はじめ、国公立、早慶にも進学して頂きました。

不登校ひきこもりの9割は治せる〜1万人を立ち直らせてきた3つのステップ
光文社 著者 杉浦孝宣です。 ”子どもたちが規則正しい生活をし、自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します!”という理念で不登校・高校中退を克服して、引きこもり9060問題の予防を目指しますhttps://news.yahoo.co.jp/articles/d4b3e09636d333464aee7196f0c0c407565264f4

当会に相談される時は下記、2冊をお読み頂き 不登校引きこもり解決 杉浦孝宣 無料判定 AI http://hikikomori-wakamono.comをして頂き、相談申込みお願いします


引きこもり中高生から復帰できる確率は9割以上となります
     不登校・ひきこもり急増

横浜市教育委員会から修正すると

前文略〜さて、杉浦様からご指摘いただきました、「横浜市不登校児童生徒支援の手引き」に関してですが、
修正の必要性も含め、課内で検討をさせていただきました。
その結果、誤解を招く可能性もあることから、以下の方向で修正をしたいと考えています。

厚生労働省が定義する「ひきこもり」という状態を表現したいわけではないため、
「ひきこもり」→「不登校が長引いている場合」
「子どもにとって心の成長のために必要な時間」→「心の休養や成長のために必要な場合があります。」

***********************************************
横浜市教育委員会事務局人権健康教育部
人権教育・児童生徒課
電話:045-671-3384 FAX:045-671-1215

〜中略〜
横浜市の指導手引きの誤解を招く、表現に気付き、昨年の12月に同市、教育委員会に連絡しました。 担当の方は 真摯に私の提言に耳を傾け、
今回の修正となりました。

”なんだ、大した事ないじゃん”って思われる方もいらっしゃると思いますが、

不登校と引きこもりは大きく、違い、対応を見誤ると大変な事になるのです。 保護者の皆さんは自己判断せず、

是非、不登校引きこもり解決をして、ステージ判定をしてみて下さい

3大義務>子どもの権利

当会としては 義務教育の段階で、不登校児童が不登校を克服し、社会に出て、貢献する人材に育っていけば良いと考えます。
横浜市の指導手引きはあのページだけではなく、子どもの人権を守る=見守りましょう。様子を見ましょうとありますが。
そもそも、日本国憲法 国民の3大義務(納税、勤労。義務教育)というのが大前提の子どもの権利ではないでしょうか?
3大義務>子どもの権利 ウェイトはこれでしょう。

義務教育の段階で不登校・引きこもり傾向を 子どもの権利があるからと見守るでは 彼らが卒業後に
納税も勤労も無いままの無業者になり得るわけです。これでは 国や自治体の財政が持たないのではないでしょうか?
横浜市の引きこもりは6年で2倍となっています。

全国的に 見守る、様子見は 不登校の指導として、流行っていますが、効果が全く無く、エビデンスの乏しい方法です。
だからこそ、8年連続不登校過去最多となっています。抜本的に変えるべき時に来ていると思います。
横浜市の指導手引きは奥地圭子さん、東京シューレさんの考え方を踏襲したものですが、平成元年から10年くらいは
確かに効果があり、自室で放っておかれ、飽きて、外に出たケースもありましたが、
今は ネット、スマホなどの電子機器が生活に入ってきて、不登校を見守っても、ネット、ゲーム漬けで飽きずに
引きこもりライフをエンジョイしている子が多いのです。

義務教育の段階では 不登校と引きこもりの切り分けをして、適切な対応していく必要があります。

当会の 不登校引きこもり解決 サイトでは AI判定により、適切な対応をとるうように無料で判定させて頂いております。

-Uncategorized

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5