保護者の相談

Uncategorized

東京都立高校転編入学事情

不登校・引きこもり中学・高校生・中退相談 指導歴36年! 

教育支援センター 全国利用率12% 90%近くが不登校・引きこもり相談支援でスッキリできない!
カウンセラーからは様子を見ましょう〜 不安?!

不登校、高校中退の訪問・相談を通じて、引きこもり予防に努めています 引きこもり中学・高校生 アウトリーチ 成功率は90% 10,000人以上!
一般社団法人不登校・引きこもり予防協会 代表理事の杉浦です。
”子どもたちが規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”というミッションをもとに 不登校・高校中退を解決し、ファミリーカウンセリング、アウトリーチ、ピアサポートなどで8050引きこもり問題を予防します

NHK あさイチ もしかしてやりすぎ 出演 2019年12月


朝日新聞 GAME クロス 記事掲載 

お子さん、ステージ? 大丈夫ですか? 赤字から第3者の介入が必要

ステージ1 不登校状態 親子間のコミュニケーションはとれている。生活リズムもなんとか維持。食事、3食
ステージ2 不登校状態 親子間のコミュニケーションはなんとか、とれている。生活リズム不規則。食事、3食、怪しい?
ステージ3 不登校状態 親子間のコミュニケーション、とれない。特に進路。生活リズム不規則。食事、3食、怪しい?
ステージ4 ステージ3が1ヶ月以上続き、自室に閉じこもっている。親子間のコミュニケーション、全く、とれない
      子どもの引きこもり状態を親は普通の社会生活に戻そうとしているが、両親の考えが揃っていない。もしくは疲弊している
ステージ5 子が既に20歳を過ぎ、親も子も引きこもり生活が年単位で常態化している 普通の社会生活に戻すのは極めて、困難


5/10日 読売新聞 東京都内版 25面 コロナに挑む 積極的な訪問支援の記事掲載

チーム3000 引きこもり中学生救済運動、展開中
東京都では不登校・引きこもり傾向のまま、公立中学校の卒業式に3000名、欠席のまま卒業している。これこそ、8050引きこもりの入り口です。
皆さんで一緒に解決していきましょう

東京都立高校転編入学事情

令和3年度第二学期都立高等学校転学・編入学募集 7/1日の東京都教育委員会からの発表によりますと、全日制 6799人募集となり、前年度並みです。
この、第二学期が全期を通じて、一番、募集数が多いのです。これは高校1年生を配慮した募集なのです。
というのは 高校中退は高校1年生が全体の60%です。高校1年生に限っては 在籍校が通信制高校、定時制高校でも、工業科などでも、全日制高校、普通科を受ける、チャンスがあります。 

第二学期都立高等学校転学・編入学募集を過ぎて、しまうと、単位の互換性がないため、受験資格がなくなります。注意して下さい。

詳しくは 下記の動画にて、解説。

私立から転学は中退を覚悟

毎年、転編入学試験が終わる、8月末にはバタバタと、
「都立転編入学試験に落ちてしまいました。 在籍校には自主退学届けを出しているので、辞めなくてはなりません。どうしましょう?」という、
相談は多いのです。 8月末では通信制高校ですら、定員を打ち切っている学校もありますので、

事前に、通信制高校の願書を出しておく必要があります。

昨日のブログでも書かせて頂きましたが、子どもの自殺は過去最高の500人。自殺の原因で最も多かったのは「進路に関する悩み」で55人です。
高校中退はやはり、10代の子にとっては重大事です。自殺、ひきこもりになる可能性大ですから。

しっかり、親は 受け皿を考えておいて下さい

-Uncategorized
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 一般社団法人 不登校・引きこもり予防協会 Powered by AFFINGER5